• トピックス
  • 協会概要
  • 会長ごあいさつ
  • 情報公開
  • 加盟団体紹介
  • 日本プロスポーツ大賞
  • プロスポーツ年鑑
  • 日本プロスポーツ大賞

日本プロスポーツ大賞

  • 歴代受賞者
  • 日本プロスポーツ大賞概要
  • 2014年度受賞者
  • 2013年度受賞者
  • 2012年度受賞者
  • 2011年度受賞者
  • 2010年度受賞者
  • 2009年度受賞者
  • 2008年度受賞者
  • 2007年度受賞者

日本プロスポーツ大賞 概要

我が国のプロスポーツ界の健全な発展ならびに振興に寄与することを目的として、1968年(昭和43年)の第1回日本プロスポーツ大賞より毎年開催されています。大賞受賞者には、国家的表彰として内閣総理大臣杯と賞状が授与されます。

選考基準

日本プロスポーツ大賞(1名)

当核年度1ヵ年にプロスポーツ界全般(日本プロスポーツ協会加盟団体か否かは問わない)を通じ、
国籍を問わず、あらゆる意味で、最も貢献度の大きい業績を残したと認められる選手及び団体(チーム)に与えられる。
本賞受賞者には、国家的表彰として内閣総理大臣杯と(公財)日本プロスポーツ協会会長杯(楯)と賞状、賞金が授与される。

殊勲賞(3名)

日本プロスポーツ大賞に次ぐ抜群の業績をたたえ得るもの。
大賞と同様に選手及び団体(チーム)に限る。
本賞受賞者には、(公財)日本プロスポーツ協会会長杯(楯)賞状、賞金が授与される。

最高新人賞(1名)

新人賞受賞者(15名)の中で、もっとも貢献度の大きい業績を残した選手に与えられる。
楯と賞状、賞金が授与される。

功労賞 (15名/ダンスはペアで1名とする)

プロスポーツの発展に長年にわたり貢献した個人に与えられる。
楯と賞状、賞金が授与される。

新人賞(15名/ダンスはペアで1名とする)

当該年度1ヵ年に新人として抜群の業績を残した選手に与えられる。
楯と賞状、賞金が授与される。

選考方法

日本プロスポーツ大賞・殊勲賞

スポーツ報道をする在京のテレビ、ラジオ19社および新聞、通信社35社のスポーツ記者の責任者で構成される選考委員の投票に基づき、選考委員代表者立会いのもと選考後、理事会の承認を得て決定。
規定の用紙に記名投票で1〜4の順に「大賞」としてふさわしい者を 記入。
大賞は、1の項の最高得点者とする。尚、同点得票の場合には、2の項の得点数の多い者を大賞とし、2の項も同点得票なら、順に3〜4の順で決める。
殊勲賞は、大賞当選者を除いた1〜4の合計得点数の上位3人とする。
尚、殊勲賞の3位者が同点得票の場合は、大賞の方法に準じて決定する。

特別賞

各加盟団体の推薦を得て、理事会の審議を経て、理事会により決定。

功労賞・新人賞

各加盟団体の推薦を得て、理事会で審査の上、決定。

最高新人賞

新人賞の中から、最高新人選考委員(大賞、殊勲賞の選考委員と同メンバー)により選考後、理事会の承認を得て決定。なお、同点得票の場合は、選考委員代表者および理事会メンバーで決定する。

* 大賞、殊勲賞、特別賞、最高新人賞は、本人に受賞の意志または授賞式に出席の意志がない場合は、当選無効とし次点の者に繰り上げられる。功労賞、新人賞も上記に準ずるが、客観的理由があり、やむを得ず欠席する場合は、代理人による受賞を認める。

賞 金

日本プロスポーツ大賞 100万円
殊勲賞 30万円
特別賞 30万円
功労賞 10万円
新人賞 10万円
最高新人賞 30万円(新人賞の賞金を含む)